「保活」をはじめるタイミングについて

保育園の問題は深い

保育園の問題について政治的に大きな問題となるほど、現代は保育園が足りない状態となっています。
地方、特に田舎に行くと、保育園の定員割れを起こしている所も少なくありませんし、地域で総合的な保育所ができるなど、合併などが行われていることもあります。
しかし都会に行くと、保育所が全く足りない状態で、ママたちも保育園にどうやって入園するか?その方法や活動が話題となっています。

保育園を探す、入園できる所を見つける等の活動を、現代では保活といいます。
大きな社会的問題となっている保育園が足りないという状態に向かっていくため、これから保育園に行く年代のお子さんをお持ちのママたちは、保活についてしっかり学んでおく必要があるのです。

ママたちが復職したい時に考える保活

結婚、出産後、再就職をする、職場復帰をするという時に問題となるのが入所できる保育所を探すという大きな問題です。
豊かな生活、日常生活を守るために経済状態をよくしたい、また常に社会に関わっていくママとして家庭と仕事を両立させるという事に奮闘しているのに、お子さんを見てくれるところがないという状況はどうしようもありません。

保育園に入れるように待っている状態のお子さんを待機児童と呼び、政府など行政もこの待機児童を少なくするために奮闘されているものの、全く追いついていない状態だからこそ、ママ、パパが再就職する、職場復帰する時に保育園がないという状態になっているのです。
0歳から保育所を探すというママもいますし、お子さんがある程度の年齢になってから保育園を探すというママもいますが、復職、再就職を希望される次期が保活の開始時期と考えます。

実際に何をすることが保活なのか

まずは保育園についての情報を収集することです。
再就職、復職されるときに、お子さんを預けやすい保育園はどこにあるのか、最悪近くの保育園に入れない場合、どの程度まで距離を伸ばして考える事が出来るのか、こうした情報を集めておきます。

保育園の入所申込みの時期などもしっかり調べておかないと申込時期が過ぎてしまうという事もあります。
保育園では見学できる日を設けていることが多いので、その日に保育園を見学に行くという事も、保活を行う上で大切な事です。
またアレルギーなどをお持ちのお子さんについては保育園によって入所できない、対応できないという事もあるので、保育園の入所について知っておく必要があるでしょう。

認可、認証など保育園の違いを知る事も大切

保活する上で、保育園の認可、認証の違いなどを知っておくことも重要です。
認可保育所は国の定めた基準をクリアしている保育園で、通常、自治体による募集であり、必要性の高い希望者から入所の許可が出ます。

認証保育所は国の基準を満たしていないけれど、自治体の定めた一定基準を満たしているという保育所です。
自治体からの援助があり基本的に飽きがあれば入所でき、他の無認可保育所と比較すると補助などがある事で保育料なども低くなっています。

無認可は認可、認証のいずれにも当てはまらない保育所です。
都市部では広い保育環境を持つことが出来ないところが多く、基準を満たせないという所も多いです。
昔はトラブルなど多く、利用するに当たって親御さんが保育園をよく理解するなど、慎重に利用する方がいいという声も多かったのですが、最近は良質な保育園も非常に多くなっています。