上の子供が赤ちゃん返りした!賢い対処法は?

上のお子さんの赤ちゃん返りについて

今でご両親や祖父母の愛情を全部注いでもらっていた上の子、でも下の子が生まれると、どうしても手のかかる赤ちゃんの方に注意が行ってしまうし、新しい家族となった下の子を歓迎するムードが漂います。
上の子を阻害していることもないし、勿論今まで同様に愛情を注いでいるつもりなのにどうも上の子の様子がおかしい・・・下の子を抱いていると僕も抱っこを行ってみたり、おっぱいを触りたがったり・・・これが世にいう赤ちゃん返りか・・と悩むママも少なくありません。
新しい家族が出来たといことは上の子ももちろん嬉しいこと、待ちに待った弟、妹の誕生は嬉しいはずなのに、僕、私に注目してくれないのは嫌・・・子供の心も複雑なのです。

お腹の中に下の子がいる間から上の子の心のケアを

卒乳、断乳をしたはずなのに、下の子が生まれた途端、トイレが出来なくなったり、食べる時に食べさせてといってみたり、下の子を抱っこしてミルクをあげている時に邪魔をするという赤ちゃん返りを診せる子もいます。
上の子にとって、ママが妊娠したという時から心の変化があります。
赤ちゃんが生まれてからそういった行動がみられる子が多いのですが、赤ちゃんがお腹の中にいるという時点から赤ちゃん返りを起こす子もいます。

出産する前から、赤ちゃんはお兄ちゃんに会いたいっていっているよとか、赤ちゃんが生まれてもママもパパも○○ちゃんが大好きだからねとか・・・上の子にとって安心できる言葉をしっかり伝えるという事も大切です。
ママとパパは僕の事を大切に思ってくれていると認識できれば、上の子は下の子に対しても慈しみの心を持つようになります。

ママを独占する時間を作ってあげて

上の子といえどもまだ子供です。
生活が変化する下の子の出産という出来事に不安になる事は当然です。
パパが仕事から帰ってきたら、まずはパパとの時間をたっぷり楽しみ、次にママを独占する時間を作ってあげることも大切です。

ママと一緒にいられる二人だけの時間を持ってあげる事で、僕のママでもあるんだという事を実感できます。
赤ちゃんが泣いてしまっても、祖父母やパパがフォローしてあげる、上の子がママと二人で過ごす時間を作ってくれているという事がわかってくると、上の子も次第に下の子に対する愛情を持てるようになっていきます。

時に赤ちゃん返りした上の子が、下の子をいじめるとか、いじわるするという事もありますが、そんな時には強く叱らず、「まだ何にもできない赤ちゃんだから、お兄ちゃん、○○してあげてくれる?」と赤ちゃんと上の子を見守りながら、上の子としてできる事を教えてあげる事で、赤ちゃん返りが落ち着いたという事もあるようです。
いずれにしても家族全員で上の子の心をフォローする気持ちでいる事が大切です。