赤ちゃんのための体温調整のコツ

赤ちゃんの体温調節は難しい?

赤ちゃんは体温調節がうまくできないので、ママたちは気を使って室内の気温の調整を行います。
冬生まれの赤ちゃんは外気温と室内温が激しい時期で体温調節に気を使いますし、夏は外気温が高く、室内温が低い状態となるので、冷え過ぎにならないようにまた気を使います。

赤ちゃんはどの時期に生まれても、しっかり体温調節してあげる事が必要となるため、ママ、パパたちはこうした体温調節について学び、準備を整えていると思います。
この温度にしておけばいいという事ではなく、赤ちゃんに着せている洋服の枚数などによっても、室内の温度をどの程度にしておけばいいか違ってくるので、赤ちゃんの様子をしっかり見るという事が大切になります。

赤ちゃんが寒いと感じている時の様子

赤ちゃんが寒いと感じている時には、顔色が悪い、唇が青くなっている、手足がピンク色ではなく結構が悪い状態となっていることでわかります。
こういう状態の時には、赤ちゃんが寒いと感じていることが多いので、肌着を増やすとか室内温度を少し上げるなどの措置が必要です。

大人が寒い時には寒さをコントロールするため、体をぶるっとふるわせることで血管を収縮させるようにしています。
しかし赤ちゃんはこうしたコントロールが出来ないので、泣くことで体内の熱をあげようとします。
体をちぢこめるようにして泣いている様子が見られたら、寒いと感じていることが多いです。

赤ちゃんが暑いと感じている場合

赤ちゃんが暑いと感じている時には、まず顔の色が真っ赤になる事でも想像がつきます。
貌が真っ赤になっていなくても背中に手をやってみてたくさん汗をかいている、肌着が汗でぬれているなどの状態でわかります。
この場合、寝具を1枚減らすとか、肌着を1枚減らすなどして、赤ちゃんの体温調節を行ってください。

赤ちゃんは暑いという事を口で告げる事が出来ないので、真っ赤な顔をして大きな声で泣くという事もあります。
暑い状態が続き体内から水分が少なくなり脱水という状態になると、弱弱しく泣くようになるので、ここまで行かないようにしっかり赤ちゃんの状態を確認することも必要です。
過剰に部屋を暖めることによって赤ちゃんの体温が異常に上昇してしまうと、乳幼児突然死症候群が発生するという事も、研究によってわかってきています。

こうしたことがないように、赤ちゃんの体温は大人と感覚が違うという事、また大人とは違い訴える事が出来ないので、よく様子を確認し暑いと感じているのか、寒いと感じているのか、把握することが重要です。
外出する際にもあまりにも暑い真夏の日中などは、ベビーカーにいる赤ちゃんはアスファルトの熱を受けて大人よりもずっと暑い状態になる事があります。
外出先でも、赤ちゃんの状態をよく確認すること、こまめに水分補給を行うなど気を使う事が大切なのです。