子供の歯ぎしりのメカニズム

子供が歯ぎしり?というと保護者は心配になります

夜にどこからかぎりぎり、ギシギシという音がする、これは何?と思ってみてみると、なんと子供が歯ぎしりしている、こうした状況があると、保護者は何かストレスがあるのかもしれない、心に不安があるのかもしれないと思い心配される方も非常に多いです。
しかしこの歯ぎしり、本当にストレスなどが原因となるのかどうか、まずそこを理解しておくべきです。
大人の歯ぎしりについては、ストレスなどが原因となっていることが多いといわれますし、顎に痛みが残るほど、ひどい歯ぎしりを行う人もいるので、それが子供にみられるとなると確かに心配になります。

乳児の歯ぎしりは心配ない成長の課程で起る事

実は歯ぎしりをするお子さんというのが意外に多く、10歳までのお子さんについては4割が歯ぎしりをするといわれています。
どうしてこのような歯ぎしりを行うようになるのか、それは年齢、月齢によって理由が分れます。

乳児期に歯が生え始める時、乳歯が生えるタイミングで歯ぎしりが始まるといいます。
母乳、ミルクなどを栄養だけで生きてきた赤ちゃんが、この先、その他の食物などを食べるために必要な歯が生えてくれば、噛むことができるようになり、さまざまな食材を食べる事が出来るようになります。

離乳食を噛み、食べる事を覚えていくことと同時に、頭蓋骨が安定するように歯ぎしりが始まります。
こうした乳歯の頃の歯ぎしり、また10歳までの歯ぎしりは、成長によって起こるごく自然な行動なので、何も心配する事はありません。

乳歯が抜けて永久歯になる頃にも、噛みあわせのバランスが崩れるため、歯ぎしりをする子が出てきます。
歯ぎしりを行う事で、乳歯から永久歯になっていく課程でうまくバランスをとり、噛みあわせを調整しているといわれています。
永久歯が出てくると顎も成長する事が必要となるので、歯ぎしりなどをしてうまく調整しているという事です。

逆に歯ぎしりをしないほうが心配?

歯ぎしりは、頭蓋骨の成長や顎の成長をしっかり安定させるために行う自然な行為で、音が聞こえていないとしても、小さい子供たちは自然と歯ぎしりを行って調整を行っています。
乳歯の時期に食べ物を咀嚼出来ない、しにくいような状態となっている場合、成長していく過程で歯ぎしりを行わずに成長したことが考えられ、顎などの発達がうまくできないこともあります。

実はしていないようで歯ぎしりを行っている、親御さんが気になる歯ぎしりは、音が大きく出ているだけで、実際に多くのお子さんが歯ぎしりを行って顎、頭蓋骨の成長、バランスの調整などを行っているのです。
ただ、あまりにも長く歯ぎしりを行っている、例えば10歳過ぎても歯ぎしりをするという場合、顎を傷める可能性があります。
この場合、生活の変化などがストレスとなっているなど、何らかの原因がある事も少なくないので、お子さんの様子をしっかり見つめること、またあまりにもひどい場合は、小児歯科で相談し治療などを行う事も考えてみてはどうでしょうか。