子供にとって良い「洗浄料」の選び方

お子さんのお肌のこと、考えていますか?

秋、冬と乾燥していく季節、お子さんによっては肌が弱く、乾燥してかゆみを訴えたり、顔から粉を拭いたような状態となっていることも少なくありません。
ママも乾燥が気になるなと思う季節には乾燥に対するケアを行うと思いますが、お子さんに対しても、しっかりケアを考える事が必要なのです。

そのケアの中でママたちに知ってほしいのが、お風呂に入る際の子供の肌についてです。
お風呂でしっかりお子さんの肌の保湿ケアを行う重要性を知ってほしいのです。
保湿ケアについて、また体をどう洗うのか、どういう洗浄料を利用すればいいのか、お子さんの肌を健康に美しく保つための秘訣を学びましょう。

大人と子供の肌の違いをまず理解して

大人と子供の肌の違い、これは見た目だけではなく、根本的に違いがあります。
赤ちゃんの肌は本当にデリケートで、生後2カ月までは皮脂分泌が盛んで、ママの中にはお子さんの湿疹について悩みを持っているという方も少なくありません。
それ以降は、ママからもらったホルモンなども減少しますし、皮脂分泌の低下するので、皮脂が多い状態から少ない状態に変わっていきます。

特に秋に生まれた赤ちゃんは、お肌が皮脂多めの状態から乾燥する状態になる時、季節も最も乾燥する時期に入るので、実はこの時期生まれの赤ちゃんにはアトピーの発症率も高くなるといわれているほどで、しっかりと月例によってお肌の変化を見極め、その時期にあったケアが必要となるのです。
赤ちゃんの肌はまだ薄く、大人のように保護機能も発達していない状態なので、外部からの刺激儲けやすくなっています。
そのため、ある程度の時期になったら、大人以上に保湿に気を使ってあげなければならないのです。

ベビー専用商品からの切り替えについて

赤ちゃんの肌はデリケートなので、多くのママたちが赤ちゃん専用の洗浄商品などを利用されています。
ママたちは、この専用商品から大人と同じ商品が利用できるようになるのはいつなのか?という事も気にされています。

保育園などに行くようになると汗をたくさんかいて運動したり、お友達と遊んだりして、新陳代謝も活発になります。
そうなると汗をかいた状態で赤ちゃん専用の商品で十分汚れが落ちるのか?という事も気になります。
お子さんの身体、髪の毛などを洗っている時に髪の毛の量が多くなり、汗臭さが赤ちゃん専用商品ではとれていないと感じる時、大人と同じ商品を利用する切り替え時期と考えていいのかもしれません。

大人と同じ物でもお肌に刺激が少ないものを

洗浄成分がしっかりしている、でも刺激が少なく保湿してくれるという便利な商品がたくさん販売されている現代です。
大人と同じ物を利用する時でも、弱酸性のものを購入するとか、乾燥しがちなお子さんには乾燥肌用の商品を購入するなど、家族全体で利用する商品をお子さん主軸で考えていくといいでしょう。
最近の商品は保湿効果の高い洗浄料などが多数揃っていますので、刺激が少なく弱酸性や植物性由来のものを利用されるママたちが多くなっています。