赤ちゃんの虫歯の原因は?予防と対策

虫歯の原因は何だろう

赤ちゃんがいる方は赤ちゃんの虫歯に悩んでいる方もいるかもしれません。
虫歯はなってしまうとやはりあまり良くなく、特に赤ちゃんの場合は今虫歯になってしまうと今からの長い人生で歯が痛くなることが多くなってしまい良くありません。
なるべく早期に対策をして、健やかな歯を保つことが大切です。
芸能人の方は歯が命と言いますが、芸能人でなくても歯は命だと思います。

ここではそんな赤ちゃんが虫歯にならないために、その原因と予防や対策をご紹介していきます。
赤ちゃんの歯のケアは保護者である両親が気を付けないといけないので、ぜひチェックしてみてほしいと思います。
ポイントを押さえれば健康的な歯を保つことができますよ。

赤ちゃんの虫歯の主な原因は

赤ちゃんの虫歯の原因は、主に虫歯の菌の感染です。
赤ちゃんはまだあまりチョコレートなどの甘いものを食べる段階ではないと思います。
もちろん少しずつ食べるようになっている子もいると思いますが、まだたくさん食べすぎで虫歯になってしまったという子は少ないです。
それよりも多い原因が、こちらの虫歯菌です。

虫歯菌はその名前の通り虫歯の原因となっている菌です。
歯には菌が繁殖すると歯を浸食して虫歯を作ってしまいます。
赤ちゃんの口の中を清潔に保っていないとこの菌が繁殖してしまいやすく、赤ちゃんの虫歯の原因になってしまうのです。

他の原因よりもずっとこの虫歯菌が原因のことが多いので、ぜひ気をつける必要があります。
予防と対策についてもどうすれば良いかお伝えします。

予防と対策

虫歯菌の予防には、なるべく虫歯菌の数を減らすようにすることが大切になります。
そのためには歯磨きを早い段階から行なっていくことが大切です。
赤ちゃんの歯磨きはちょっと大変なことも多いですが、頑張って行なう必要があります。
赤ちゃんが初めて歯磨きをする場合は、赤ちゃんに保護者の方が見せるようにして覚えさせます。
そして、上手くできていたら褒めるようにします。

また、笑顔で歯磨きをすることもとても大切です。
楽しそうに歯磨きをしていると子供も楽しいことなんだと思いやすくなります。
歯磨きはちょっと最初は気持ち悪いと考えてしまう子もいるので、最初になるべく抵抗を持たせないようにすることが とても大切です。
歯磨きの習慣を早い段階から付けていくのが虫歯の予防にはとても効果的です。

また、虫歯になってしまったら早めに歯医者に行くようにしましょう。
子供はとても嫌いな所ですが、最近は優しく治療してくれる所も多いので、そうした歯医者を利用すると良いでしょう。
ぜひ早い段階からしっかりと対策をして、赤ちゃんの歯を健康的に保っていきましょう。