早生まれ

早生まれと遅生まれの違いは?

早生まれと遅生まれについて

早生まれと遅生まれをご存知の方も多いと思いますが、早生まれと遅生まれの違いは、生まれる日にあります。
早生まれの方は1月1日から4月1日生まれの方、遅生まれは4月2日から12月31日の方のことを指します。
まずはここを押さえておくと良いでしょう。

これがどのように関係してくるかですが、所属する学年が違ってきます。
例えば平成20年の4月15日に生まれた遅生まれの方と、平成21年2月15日の早生まれの方がいたとします。
この二人の方は同じ学年になります。
ですが、平成21年4月2日以降に生まれた方は遅生まれになり、一つ下の学年になります。

そのため、月まで考えると、3月、もしくは4月1日に生まれた方が同じ学年の中で最も若いことになります。
遅生まれだから理解が少し遅れても仕方ないということを話す方がいますが、このような理由によるものなのです。
ですが、基本的に早生まれでも遅生まれでも理解力などにそれほど差はないので、子育ての影響がより大切と言えます。

私はあまり気にしていません

私の子供も早生まれと遅生まれの子がいますが、正直なところあまり気にしていません。
むしろ早生まれだから、遅生まれだからと決めてしまうことで子供の可能性があるので、気を付ける必要があると思います。
早生まれだからということを言い訳にしてもあまり何も変わらないので、じゃあどうするかを考えた方が良いですよね。

早生まれ、遅生まれは周りの方もよく使っている言葉なので、今まで分からなかった方は知識として覚えておくのはとても良いことだと思います。
私も最初は早生まれと遅生まれがあまり分からず、適当に合わせていたのですが、調べてみるとなるほどという感じでした。
常識的なこととして多くの方が知っていたりするので、今まで知らなかった方はチェックしておいてくださいね。
一度理解すれば特に気にすることなく理解できると思います。

早生まれ、遅生まれは明治時代から

早生まれ、遅生まれは明治時代からあるそうです。
普段から何気なく使っている言葉がすでに明治時代にあったというのは驚きですよね。
私はもちろんですが明治時代には生まれていなかったので、そうした明治時代から続いている言葉を今も普通に使っているのは何だか不思議な感じもしますよね。

早生まれ、遅生まれの言葉を知ることで明治時代がどのような時代だったのかなと考えるきっかけにもなって、面白いと思います。
こうしたことを考えだすと、とても面白いですよね。
私はこれからもこうした雑学的なことを学んでいこうと思います。
学んだことはこのサイトでもアップしていけたらと思うので、楽しみにしてくださいね。