引越し

引越しの挨拶!タイミングと贈り物

引越しの挨拶をマスターしよう

引越しをした方は挨拶を周りの方にすることが大切です。
挨拶しておいた方が今後の人間関係がスムーズにいきますし、色んな所で協力することができます。
私も結婚して引っ越すことになった時には挨拶に行きました。

ただし、こうした挨拶というのは普段はあまり行なわないことなので、どうやったら良いか分からないという方も多いと思います。
ここではそうした引越しの時の挨拶のタイミングや贈り物についてご紹介していきます。
これをチェックすることであなたも引越しのあいさつマスターになることができます。
必要な方はぜひ活用してくださいね。

引越しのあいさつのタイミングと贈り物について

まずは引越しのあいさつのタイミングです。
引越しした時には荷物の運び込みがあると思います。
近所の方も誰かが引越ししてきたと感じているはずです。
そのため、あいさつは当日中に行くのがおすすめです。
できれば当日の夕方までに行くのがベストです。

夕方以降はそれぞれのご家庭が忙しい時間帯に入ってくるので、なるべく昼間に行った方が良いでしょう。
また、行くのは家族みんな揃って行くことをおすすめします。
近所の方も家族構成が分かるので、どんな人が住んでいるんだということがとても分かりやすいです。
こうして行くと丁寧な人だという安心感と好印象を持ってもらうことができますし、道ばたで会った時に立ち話などが始まることもあります。

これがいわゆるママ友の立ち話に発展していきます。
私も最初引越しした直後は付き合いは全くなかったのですが、だんだん顔見知りになり、立ち話をするようになりました。
そこからはどんどん輪が広がり、色んな方と日常で話をすることも多くなっています。
なので、最初の挨拶はやっぱりとても大切だなと思います。
ぜひやってほしいと思います。

どうしても夕方以降の挨拶になる場合は仕方ないと思いますが、あまり21時以降は避ける方が無難です。
マナーのない方と思われてしまいやすくなります。

あいさつの際の贈り物について

あいさつの際には贈り物を持っていくと思いますが、多くの場合はお菓子やタオル、洗剤などがおすすめです。
こうしたものなら贈り物として無難なので、相手の方も丁寧さや常識を感じてくれます。
あいさつだけでなくこうした贈り物がひとつあるだけでもずいぶん印象が違ってきます。
それほど高価なものでなくても良いので、一つ用意して持っていってあげるようにすると良いでしょう。

以上が引越ししたときの挨拶のポイントです。
ぜひしっかりとポイントを押さえて、良いご近所デビューを果たしてほしいと思います。
これからの新生活もスムーズに行きやすくなるので、ぜひあいさつを軽く見ずにしっかりと行なうことをおすすめします。