妊娠

妊娠・出産の経験を活かせる!「助産師」の仕事と魅力

妊娠や出産の経験を活かそう

妊娠や出産は女性の方なら経験がある方も多いと思いますが、そうした経験を活かして助産師を目指すのも一つの選択肢です。
結婚していて一から助産師を目指すのはとても大変ですが、チャレンジしたい方はチャレンジしてみるのも良いと思います。
ここでは助産師の仕事についてやその魅力をお伝えしていきます。
ぜひ参考にしてみてほしいと思います。

助産師の仕事内容と魅力をご紹介

助産師の仕事は妊娠した女性の介助を行なうのが主な仕事です。
妊娠すると女性は普段の生活がしにくくなってしまうこともあるので、そうした生活のサポートをしていきます。
また、赤ちゃんが生まれるまでに順調に成長しているかを確認する定期検診の手助けもしていきます。
こうして妊娠の期間が終わり出産のタイミングになったら、助産師が活躍して出産を行ないます。

出産は新しい命の誕生のタイミングで、とても感動する瞬間です。
助産師の方はこうした出産のタイミングに一緒に立ち会えることにすごくやりがいを感じるという方も多く、女性の方の中には憧れの職業として考える方もいます。

こうした流れで助産師の仕事は行なわれますが、助産師はとても体力的に負担の大きな仕事です。
出産の際には妊婦の方も頑張る必要がありますが、助産師も夜通し頑張る必要があることもあります。
また、出産後も赤ちゃんと母親が健康な状態で退院できるように見守る必要もあります。
夜勤もあることが多いため、とてもハードになりやすい仕事なのです。

それでも多くの女性の助けになれることをやりがいにしている方はとても多いです。
ぜひあなたも興味を持ったら助産師になってみることを検討するのも良いでしょう。

家庭を持っていると助産師として正社員で働くのは時間的にも体力的にも難しい面があります。
ですが、助産師は現在人手不足の病院などもあり、時間に融通を利かせて働ける場合もあります。
そのため、興味のある方は応募してみるのもおすすめです。

助産師になるには

助産師になるには看護師資格も合わせて必要になります。
看護師資格は専門学校で2年間、大学で4年間勉強すると取得することができます。
大学の場合は助産師の資格が合わせて取れる大学もあるので、そうした大学で勉強することをおすすめします。

専門学校の場合は助産師を養成するスクールにも通う必要があります。
看護師資格を持っていると1年間ないしは2年で取ることができるので頑張っていきましょう。

このように主婦の方には少しハードルが高めの助産師ですが、やりがいはその分とても大きな仕事です。
勉強などの期間や費用なども今後への投資として頑張れると思う方は、検討してみるのもおすすめです。